浮気体験ファイリング

旦那&嫁の浮気体験を集めています。

トップ > 浮気体験(長編)

結婚生活で訪れる不安

Post on:2015/11/17

ふとしたことで気づいた一枚の紙きれ。そこには、女性の名前とSNSのIDが記されていました。私はこの紙切れを見て、「ドキッ」としました。なぜなら、その頃の旦那との関係が微妙になっていたからです。

きっかけは忘れるくらい些細なこと

夫との関係が微妙になるのは、本当に些細なことでした。育児でのこと、お金のこと、少しの意見の食い違いが私たちの溝の広げていきました。端から見れば至って普通の仲の良い夫婦に見えていたかもしれません。けれども、私たちの中では、はっきりとしたすれ違いを感じていました。

結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ。

フラーはそのように言いました。そして、その言葉の通り、私たちは片目を閉じていました。育児に対しての意見の違い、金銭管理に対しての食い違い、私たちはそれらに片目をいや両目を閉じていたのかもしれません。

私は子供を大切に育てたいと考えてました。周りのママさんの間で有名な学校や習い事、そして食事などにも気を配りました。そうなると自然と支出も多くなります。

夫との考え方の違い

しかし、主人はそのようなことに無頓着でした。子供にかなりの愛情を注いでいた私は、お金をかけることを選びました。ただ、夫は自分のやりたいこと、それは仕事や趣味を含めて様々あり、家族だけにすべてを注ぐことを拒みました。

妊娠後に浮気不倫が発覚する 結婚をしばしば宝くじにたとえるが、それは誤りだ。宝くじなら当たることもあるのだから。
byバーナード・ショウ

どちらが正しいとは簡単には言い切れないかもしれません。でも、私たちは子供を育てる義務があります。だとしたら、最大限に自分を犠牲にしてまでも育て上げる必要があると感じました。

けれども夫は自分がしたいこともありました。そのような狭間で私たちは苦しんでいました。それは最初は小さな傷でしたら、徐々に大きな溝に広がっていき、いつしか心のどこかで距離を置くようになりました。

そんなときに、私はあの紙切れを見つけてしまったのです。全てを悟った気がしました。自分の中で、旦那は浮気していると感じました。その紙切れだけでは判断できないと思うかもしれませんが、でも、結婚生活を10年近く送る私たちの中では、それを感じることが簡単でした。

私は、衝撃から動揺を抑えることが大変難しかったですが、浮気調査で確かめることにしました。

浮気体験(短編)

ページのトップへ戻る